腰痛でお悩みの方

ぎっくり腰・ヘルニア・腰痛でお悩みの方Hip

ぎっくり腰・ヘルニア・腰痛専門

「これ以上、つらい思いはしたくない!」
お悩みのあなたへ。
同業者からも圧倒的な支持
どこに行っても良くならない
諦める前に当院へ相談ください!

このような悩みはありませんか

  • 朝起きた時に腰を伸ばそうとすると痛くなる
  • 寝返りを打つのが痛くて怖い
  • 家事をしている時に腰に痛みを感じる
  • 椅子に長時間座って立ち上がる時に腰が伸びない
  • 体も硬く常に腰に重だるさを感じている
  • 腰回りの筋肉が落ちて腰が痛くなってきた
  • 不意に腰が痛くなることがあり痛くなる回数が増えてきた
  • 小さい子供の世話をしていると必ず腰が痛くなる
  • 毎日湿布とコルセットが手放せない
  • 中腰の姿勢が多い為、腰が痛くなる

腰痛の原因

腰痛になってしまう原因には様々なものがありますが、特に多いのが下記3つです。

  • 腰に負担がかかる姿勢が多い
  • 腰に負担がかかる動作が多い
  • 加齢

腰に負担がかかる姿勢

体の一部のみに負担がかかる姿勢は腰痛の原因として珍しくありません。例えば、筋筋膜性腰痛症は特定の筋肉に対する過剰な負担によって痛みを感じるようになります。特定の筋肉だけ筋膜が常に引っ張られている緊張状態が腰痛の原因です。

腰に負担がかかる動作

姿勢と同様、特定の箇所のみに負担をかける動作も腰痛の原因としてよくあるものです。よくある腰痛として有名なぎっくり腰はくしゃみ・重い物を持ち上げようとした・おじぎをしたなど、日常のちょっとした動作による負荷でも起こり得ます。

また、腰痛の種類によってNG動作が真逆になることがある点にも注意しましょう。例えば、腰椎椎間板ヘルニアの前段階である椎間板性腰痛は前屈みの姿勢が負担となり痛みを感じます。対して、椎間関節性腰痛・脊柱管狭窄症は反らす動作がNGです。他にもひねる・ゆらす・まっすぐに立つなどがNGとなるケースがあります。

加齢

加齢もよくある腰痛の原因の1つです。例えば脊柱管狭窄症は年齢を重ねた結果、神経を保護するパイプでもある背骨の形が変わるため起きる腰痛です。

特に多い理由の他にも喫煙習慣や家具・寝具など、考えられる要因は多々あります。まずは「痛みの原因は何なのか」「どのような不調に由来しているのか」を特定することから、適切な対処が始まります。

腰痛の種類

腰痛の中にも様々な種類があります。どのような腰痛があるのか、よくある腰痛の種類をみてみましょう。

腰椎椎間板ヘルニア

メカニズム 腰椎椎間板から神経(髄核というゼリー状の物質)が飛び出ることで痛みが発生
特徴 後ろから見たとき、首・背骨・おしりにかけて緩やかなS字になっていることがある(疼痛性側弯)
痛みの感じ方
  • 強烈な痛み
  • 様々な箇所から同時多発的にしびれが起こるイメージ
  • 足に力が入りにくくなる
  • 筋力低下により神経がうまく働かなくなる

など
特に腰・おしり・脚への痛みが強い傾向

椎間板性腰痛

メカニズム 腰部椎間板へ負担がかかり、炎症・損傷が起こることによって痛みが発生
特徴
  • ヘルニアの前段階で起こることが多い腰痛
  • 椎間板性腰痛の段階で対処できると腰椎椎間板ヘルニアになるリスク軽減になる
痛みの感じ方 腰椎椎間板ヘルニアと共通

椎間関節性腰痛

メカニズム

・椎間関節が動く・ズレることによって起こる腰痛

背骨の構造はブロック型の積み木のようなイメージで椎間関節が骨と骨とをつないでいます。腰椎関節への負担により関節が炎症を起こしたり、動きがぎこちなくなったりすることで痛みが発生。

特徴
  • 他の腰痛と同様に加齢、椎間関節への過度な負担を繰り返すことで発生
  • 放っておくと骨の形や性質が変わるリスクも否めないので早めの対処が必要
痛みの感じ方
  • 左右どちらかのみ痛みが発生することも多い
  • おしり、太ももの裏側など痛みが広範囲に及ぶことも

筋筋膜性腰痛症

メカニズム 背中・腰を支える筋肉をつなぎ伸縮性を確保している筋膜の損傷
特徴
  • 骨盤・腰部筋肉・筋膜への負担が原因
  • 筋膜は筋肉よりも痛みを感じやすく自覚しやすい
  • 過敏な分だけ痛みを気にして動きがぎこちなくなることも
  • どこに負担がかかっているかによって場所や状態が異なることも多い
  • 筋筋膜性腰痛症と気づくのに時間がかかる可能性に最も注意が必要
  • 骨・しびれ・その他感覚の違和感など、神経に関連しそうな特徴がない
痛みの感じ方
  • 筋肉を動かすと痛い、圧迫されるような痛み
  • このような動きをすると痛い、ということではなく、どのように動かしても痛い

腰部脊柱管狭窄症

メカニズム 椎間板の変形や背骨から骨が突出し、神経の圧迫や血流低下により起こる腰痛
特徴
  • 安静にしてさえいれば我慢できないほどの腰痛になることは考えにくいが歩行は困難
  • 前かがみの姿勢、座る体勢で痛みが緩和される
  • 年配の方に多く、狭くなってしまう原因は様々
  • 歩行時、ふくらはぎの痛みなど間欠性跛行(かんけつせいはこう)という脊柱管狭窄症特有の不調も伴う
  • 放っておくと下半身の筋力低下リスクがある
痛みの感じ方
  • 背筋を伸ばして立つ・歩く動作で太ももからひざ下にかけて強い痛み
  • しびれ

ぎっくり腰

メカニズム 日常で炎症が起きることで急に痛みを感じるといわれているが、あまりはっきりしたことはわかっていない
特徴
  • 痛めた直後はまったく動けないほどの痛み
  • 2週間程度かけて徐々に痛みがおさまっていく
  • 1か月過ぎた頃には段々と痛みが落ち着いてくる
  • しびれなど神経が関係ありそうな不調を自覚しているのであれば、注意が必要

特定の病気やけがというわけではなく、急にくる強い腰痛の総称として「ぎっくり腰」と呼ばれている

腰痛の中には、重大な腰痛の前兆となるケースもあります。まずは、自分の腰痛が何なのかを確定させましょう。

  • 腰痛をできるだけ早期改善するべき理由

    腰痛で悩んでいる方は多く、体の不調を症状別に見た場合、男性は1位、女性の場合は2位という結果が厚生労働省の調査がわかっています。それくらい馴染みのある腰痛は日常生活を送る中で一度は悩んだことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

    特に腰は、歩くとき、座るとき、立つときなどあらゆる動作に関連してくる箇所でもあります。日常の生活で支障をきたす前に早めに診断を受けましょう。

    腰痛の原因

  • 腰痛が改善しない理由

    腰の痛みはひどくなると、ヘルニアや坐骨神経痛と言われるしびれや痛みを伴う症状に発展してしまう恐れがあります。

    整骨院などに一生懸命通われ、湿布やコルセット、自宅でのストレッチを頑張っていても腰痛が改善されないのであれば腰痛の根本的なアプローチができてない可能性があります。

    腰痛の原因は体の表面的なところに問題があるのではなく骨盤や深層筋(深いところの筋肉)、足首や膝、股関節など、関節のバランスの悪さが原因で腰痛になってしまっています。

    腰痛が改善しない理由

腰痛の改善方法

よくある腰痛の対処法の中で、いくつか共通しているものを紹介します。

様子をみながら安静に

腰痛の中にはときに動けないほどの痛みを感じる場合もあります。まずは安静に過ごし、動けるようになるタイミングを図りましょう。

何が原因なのか確定

腰痛はどの腰痛なのかで対処法がまったく異なります。医療機関なども活用しながら、どのような原因で痛いのか、どの種類の腰痛に当てはまるのかをはっきりさせましょう。

筋肉の緊張を緩和

特定の筋肉への過度な負担が原因で筋肉がこわばり腰痛につながっているケースも少なくありません。整体などで筋肉をほぐし、柔軟な動きができる体を維持しましょう。

骨盤矯正・姿勢矯正

無理のある姿勢・動作が腰痛の原因なのであれば、正しい姿勢・身体の使い方を身につければ腰痛緩和が期待できるということです。骨盤の正しい位置をキープする骨盤矯正、正しい姿勢で動ける習慣づけにぴったりな姿勢矯正を検討してみてください。コルセットなど補助器具の活用もおすすめです。

筋肉による補強

筋力トレーニングで筋肉を鍛えることで、腰痛の原因となる特定の筋肉への負荷を軽減できます。なぜなら、骨は筋肉に支えられ正しい姿勢・動作を維持しやすくなるからです。本格的な筋力トレーニングでなくても、簡単なストレッチ・体操から気軽に始められます。

どの腰痛にも共通していえるのは「自己判断NG」ということ。自分の腰痛の原因となっている腰痛には何が有効なのか、専門家の意見を聞いてみることをおすすめします。

  • 当院の施術

    勇気鍼灸整骨院 庚午院では腰痛になっている根本的な原因を見極める為に足の動き、膝や股関節の動きが正常になっているかどうかをしっかり検査し最終的に骨盤の歪み、そして深層筋の緊張が起こってないかの検査をしていきます。そうすることで、人それぞれの腰痛になっている原因を探すことができ腰痛に対しての的確なアプローチができていくのです。

    骨盤の歪みが原因の腰痛に対しては、骨盤を歪ませてしまっている関節をゆっくりと矯正していきながら一つ一つ関節を丁寧に整えていきます。バキバキとするような矯正ではないので女性の方やお子さんでも、安心して受けることのできる施術となっています。

    筋肉の緩め方もグイグイ押す強い刺激ではなく深層筋にゆっくりとアプローチしていく方法で緩めていきますので施術中に寝られる方もいるほどです。腰痛は強い刺激を与えてしまうと逆に骨盤が大きくずれてしまったり、筋肉を傷つけてしまうことがありますのでその方にあった施術を行わなければなりません。

    日本の人工の半分が腰痛を持っていると言われていますが、しっかりと原因を見つけて出し、的確にアプローチをしていけば腰痛を改善することは決して難しいことではありません。

腰痛を改善するメリット

勇気鍼灸整骨院 庚午院の施術は骨盤矯正・姿勢矯正、筋肉をほぐし柔軟性向上をはかる施術が中心です。腰痛によるつらい痛みから解放されると様々なメリットが期待できます。

  • 専門的な視点から腰痛改善のアプローチをすることで理想的な状態になるために回り道をしないでいい
  • 骨盤矯正・姿勢矯正によって腰痛になりにくい体になる
  • 正しい姿勢を維持するための筋トレで肥満予防など健康的な体づくりにつながる
  • 筋肉の緊張を緩和し補強することで基礎代謝アップも期待でき、太りにくい健康的な体づくりにつながる
  • 腰痛緩和のために正しい姿勢になり全体のシルエットも美しくなる
  • 運動によって気分がリフレッシュするので毎日さわやかに過ごせる

腰痛の痛みが緩和されることで日常でできることも増え、生活そのものの質も向上するかもしれません。「一生付き合うしかないかも…」と諦めず、気軽な気持ちでチャレンジしてみませんか?

お客様の声

一覧を見る

広島市西区で腰痛整体なら勇気鍼灸整骨院 庚午院

勇気鍼灸整骨院 庚午院は、国家資格者による50,000件以上の施術実績がある広島市西区の整体院です。広電古江駅から徒歩10分、土曜の施術にも対応しております。痛くないソフトな整体施術で、ぎっくり腰やヘルニアなどの酷い腰痛でお悩みの方をサポートいたします。医師や専門家から推薦の声をたくさん頂いており、雑誌や書籍などのメディアにも多数紹介されております。当院の施術を受けたお客様から「心身ともに辛かった痛みが少しずつ軽くなった」「痛みが軽減され、体が楽になった」「先生たちが楽しくて通いやすい」など、多くの喜びの声を頂戴しております。広島市西区で姿勢矯正・骨盤矯正を受けてみたい方は、お気軽にご相談ください。ご予約お待ちしております。

勇気鍼灸整骨院 庚午院

広島・広電古江駅から徒歩10分。国家資格者の本格施術なら勇気鍼灸整骨院 庚午院へ。

お問い合わせ・予約受付
082-507-7871
  • アクセス詳細

アクセス

診療時間
9:40 - 12:00 ×
14:00 - 19:00 ×

木・土の午後からの診療時間は14:00~17:00となります。